耐震補強工事とは | 自然エネルギーの太陽光を使用して光熱費を浮かせよう

耐震補強工事とは

地震に対する耐久性の必要さ

私は最近家の耐震補強の工事をしました。なぜかというと、3月11日の大震災を見て、とてもひとごとではないと思い、自分の家の耐震補強をすることにしました。地震というのはとても恐ろしくて自分の作り上げた財産も幸せもすべて一瞬のうちの壊してしまうものです。そのため我が家でも耐震補強の工事をお願いしようと思っていたのです。業者にも色々あり、料金の安さ、期間の安さなど色々な長所を押し出しているところがありましたが、わたしの家ではできるだけ丁寧に工事してくれるところを探しました。 2日ほど後に業者がきてくれて見積もりをしてくれたのですが、意外と安価な料金だったので、その場で業者に耐震補強を依頼することにしました。

予想以上な料金の安さ

私は耐震補強の修理を業者に依頼しましたが、想像以上に料金が安くて驚きました。なんと全部込みで10万円ほどでやってもらえたのです。元々私の家がそれなりに丈夫だったということもありますが、何でも震災以降みんなが耐震補強工事をしたがっているようで会社間での競争があり、料金が安くなっているようです。 10万円の安さだということで見積もりを出して貰ってすぐにその場で工事をお願いしました。工事の様子を見ていたのですが、地面の奥深くまで掘って補強の木材を縛り付ける事をしていました。 地震というのはとても恐ろしいものなので、それに対する耐震補強はとても大切だと思います。備えあれば憂い無しという言葉がありますがまさにその通りだと感じました。