住宅用と産業用

産業用太陽光発電が設置できる場所に関する知識

住宅用の太陽光発電システムとは違って、産業用の太陽光発電システムはその出力の大きさと売電制度での優遇措置が魅力となっています。また様々な場所に設置をできるので、導入を検討する場合はどこに設置できるか把握しておくと、検討もしやすくなります。 太陽光発電の設置ケースとして多いのが、遊休地を活用する手段です。余った土地が十分に広さを確保でき、周囲に障害物が無くて日中影が差さない土地なら発電量も想定量目一杯を得られるため、売電収入が多く見込めます。 またオフィスビルや工場の屋根などに設けることもできます。周囲が影となりにくいためこちらも売電収入が得られやすく、さらに企業イメージの向上というメリットもあります。

遊休地や社屋を活かして導入する工夫でいくつものメリットがある

会社の所有する土地に休眠地があったり、社屋に空きスペースがある場合は、産業用太陽光発電はそれら活かされていない資産を上手に活用するため手段となってくれます。 産業用太陽光発電は導入することで、複数のメリットがあります。まず1つ目に固定価格買取制度によって、発電した電気を20年間にわたって固定価格で全て売電できる点があります。このため収益性が立ちやすく、投資の対象としても最適です。 また大幅な税制優遇があるため、節税対策にもなります。いわゆるグリーン投資減税の活用で、設備投資額の特定割合の税金の控除が受けられます。 産業用太陽光発電システムは、このように投資対象とも優れており、メリットも複数あるため、導入する工夫によって企業の財政にも貢献してくれます。